10月のカレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の日記
全体の新着
各月の日記
ユーザーRSS
Powered by
こあさんの公開日記
11月26日
16:24

何歳になってもダメな人間はいるものだ・・・
地元の友人TSは、実家暮らしでありながら全く貯金もできず、仕事も転々として・・・このままでは確実に老後を生活保護で過ごす事になるだろう。
税金で彼を養うのはイヤだし、ここは一つ、無責任にTSを上京させ、自活させる事でまっとうな大人になってもらおうではないか!。
私はI子という協力者を得て、「都心での暮らしは楽しいから、是非TSも上京して一人暮らしをしようぜ」という方向で話しを進める事にしたのだ。



○月△日 定休日の職場にて


TS 「お~っすぅ~・・」

こあ 「うい~、相変わらず時間正確だね」

TS 「手ぇ洗って良い?」

こあ 「いいよ」

TS 「このお菓子食べて良い?」

こあ 「これからお昼食べるんだから、ちょっとにしときな」

TS 「このアイス食べて良い?」

こあ 「断りながら食べてるけど、完全に自宅だと思ってるべ?」

TS 「こあもうメシ食べた?」

こあ 「これから一緒に食べるんだってば」

TS 「昨夜は何食べたの?」

こあ 「定食屋でCセット」

TS 「昨日の昼は?」

こあ 「サンドイッチ・・・かな?」

TS 「そんな事より昼飯どーする~?」

こあ 「・・・本日はゲストを呼んでます。あ、ちょーど来たよ!」

I子 「お疲れ様で~っす♪」

TS 「? あ、どーも」

こあ 「数ヶ月前に、路上でちょっと立ち話したの覚えてる? 
   ○○屋勤務のI子さん」

I子 「ほとんど、はじめましてー、ですかね~?♪」

TS 「え?あれ?何で? TSと申します~」

こあ 「それでは今日は、あそこに新しく出来た焼き肉屋でランチ
   食べるのだー」

I子 「仕事日なのに昼から肉ー♪」

 ・

 ・

 ・

焼き肉屋店内

 ・

 ・  
 
 ・

こあ 「○○セットで・・・デザートはゆずシャーベット」

I子 「あたしも同じで」

TS 「じゃ、私も同じで・・・抹茶アイスを」

こあ 「みんな同じかよ」

TS 「実は私は~抹茶が嫌いなんですよ~」

I子 「なのに何故ー!?」

こあ 「TSだからね」

TS 「あの、こあとどーいったご関係で?」

I子 「あ・・ウチにいつも買い物に来てくれるんですよ♪」

TS 「こあの店で髪やってもらってるんですか?」

I子 「いえ、行ってないですー♪」

TS 「やってもらえば良いのに」

こあ 「こらこら、俺が気ぃ使って、そーゆー事は言わない事にしてんだ
   から」

TS 「なんか初めて会った気がしないんですよね~」

I子 「会ってますからねー♪」

TS 「彼氏はいるんですかー?」

I子 「えっ?え・・最近できました~♪」

こあ 「TSはピュアだから、疑問は何でも聞いてくるからね」

TS 「じゃー、もちょっと早ければ良かったのにね~こあ~」

こあ 「お気に入りだって言ってたのTSだろー!そもそも早い者勝ち
   でもねーだろ」

TS 「どこに住んでるんですか~?」

I子 「○○駅の辺りに家族で♪」

こあ 「聞いても土地勘ないからしょーがないけど・・・ 
   TSだからいっか」

TS 「△□公園ってあるじゃないですか?あそこは私もお気に入り
   で・・」

I子 「・・ちょっと行った事ないです~♪」

こあ 「そんなローカルスポット知らなくて良いよ」

TS 「私はジョイフル○ンダのうどん屋で勤めてるんですよ~、
   今度食べに来てくださいよ」

I子 「それは一体どこに・・・?」

こあ 「茨○県やね・・・わざわざ来なくていいよ」

TS 「ご趣味は何ですか?」

I子 「え、あ・・・ディズニーマニアなんです~♪」

こあ 「なんか毎週の様にディズニーランド通ってるんだって?」

I子 「週2です~♪」

TS 「なんかディズニー似合いそうですよね~」

I子 「もう中毒です~♪」

こあ 「働きたい?」

I子 「大概のポジションは、すぐに対応できるかも!」

こあ 「着ぐるみだったら何着たい?」

I子 「何でも嬉しいけど・・・

TS 「キティちゃん似合うよねー」

I子 「ええっ!?キティちゃんは・・・

こあ 「TSだから気にしないで」

TS 「ドラえもんの妹とかさぁ~・・・

こあ 「そうそう、ドラミちゃんね」

I子 「うっそー!?今ディズニーの話・・・

こあ 「良いんです」

TS 「ハンギョドンって女だっけ?」

I子 「そ、それは・・・男?」

こあ 「TSに自由に言わせてあげてよ」

TS 「セーラームーンが一番似合いますよ!」

I子&こあ 「それはコスプレ!(しかも古い)」

 ・

 ・

 ・

数日後

 ・

 ・

 ・

こあ 「いや~先日はどーも、疲れたでしょ?」

I子 「ビックリしました~♪ 話しが凄い飛ぶんですもんー♪」

こあ 「事前に打ち合わせした作戦、完全に忘れてたでしょ?」

I子 「忘れてないけど無理でした~♪」

こあ 「逆に”来い”って言われたしね」

I子 「TSさんって、何者なんですか~?♪」

こあ 「彼は・・・そう、茨○が生んだ具○堅用高とでも言いますか・・・
   生まれながらのパンチドランカーと言いますか・・・」

I子 「わかるー!♪超面白かったー!♪」

こあ 「そんじゃ次回も一緒にお昼食べる?」

I子 「お断りします♪」



・・・作戦失敗。
公開日記トップへ